2017.10.26

マラソンに対応中の神野大地。
頻発するレース中の腹痛はなぜ起きる?

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

神野プロジェクト Road to 2020(6)

(前回の記事はこちら>)

 コニカミノルタの富津合宿がスタートした。

 9月27日から約10日間、選手がそれぞれ課題を掲げ、それを克服し、より強化していく。寮から宿舎に到着すると、神野大地がすぐに着替えて出てきた。近隣のジムで、これから中野ジェームズ修一とレイヤートレーニングを始めるのだ。

 ウエアは8月の網走合宿からニューバランスに変わり、足にはシューズは三村仁司氏が作る「ミムラボ」というカスタムシューズ。アスリート界では知らない人がいない著名な靴職人だが、神野も青学大時代から愛用し、「三村さんのシューズが一番」という信者だ。

中野ジェームズ修一氏とトレーニングに励む神野大地(右)「じゃー、始めようか」

 中野が声をかける。

 レイヤートレーニングは、今回で15回目。2山は、7月末から数えて4回目になる。最近のテーマは、「前傾」フォームのための筋力強化である。

「今、ハムストリングスと臀部が肥大してきているので、それに見合った背中、いわゆる脊柱起立筋ですね。前傾の姿勢をするために使うバックラインの上の部分がまだできていないので、そこを作っていくことになります」

 1山目のABCDEはスピーディーに進行し、ひとつのトレーニングメニューの回数が多い。そのせいか、トレーニングが進行していくと、何度か動きが止まる。