2017.08.16

東京五輪でメダル独占するかも…。
ロンドンで日本の競歩が見せた夢

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Fujita Takao/PHOTO KISHIMOTO

 昨年のリオデジャネイロ五輪では荒井広宙(ひろおき/自衛隊体育学校)が銅メダルを獲得。期待されていた谷井孝行(自衛隊体育学校)は、体調を仕上げられず失速する結果だったが、日本陸連の今村文男競歩オリンピック強化コーチは「人が代わってもメダルを獲れるという、日本競歩の強さを見せる結果になった」と評価していた。

リオ五輪では1つだったメダルを今大会は2つに増やした その今村コーチが次の目標にして挙げたのは、”1大会複数メダル”というもの。それを1年で達成してしまったのが、世界陸上ロンドン大会の最終日に行なわれた男子50kmだった。

 今回は、リオ五輪金メダリストのマテイ・トート(スロバキア)の血液データが「生体パスポート」で異常な数値を示し、暫定的資格停止処分になって出場できなかった。さらに大会直前には、リオ銀メダリストのジャレド・タレント(オーストラリア)もケガで欠場が決まり、日本勢にとっては有利な状況になっていた。

 ただ、そのチャンスに臨む日本チームも、代表3人のうち荒井以外のふたりは世界大会のメダルや入賞の実績を持っておらず、50kmに出場するのは今回で2回目と3回目という新顔だ。

 小林快(ビッグカメラ)は初50kmだった昨年10月の全日本50km競歩高畠大会を、陸連の派遣設定記録を突破する3時間42分06秒で制して代表内定を決めた。 丸尾知司(愛知製鋼)も、小林と同様に高畠が初50kmだったが、4時間02分36秒で4位になり、今年4月の日本選手権で3時間49分17秒の2位となり、代表入りを果たした。ともに20kmでは国際大会にも出場していたが、50kmとなると未知数だった。