2015.12.19

【箱根駅伝】上武大・花田勝彦監督「シード権獲得へ、かつてない手応え」

  • 加藤康博●取材・文 text by Kato Yasuhiro  村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

 上武大にとって、8度目となる箱根駅伝が目前となった。

 目標は10位以上に与えられる来年度大会のシード権獲得。過去7回、跳ね返されてきた分厚く、そして高い壁に今大会も挑む。

上武大・花田勝彦監督。悲願の箱根駅伝シード権獲得を目指す

「もちろん簡単な挑戦ではありません。しかし12月に入ってから選手の意識や練習の達成度が上がってきており、少しずつではありますが、手応えを感じています。今は1日ずつその可能性を上げていく毎日です。その確率を30%程度まで上げられればと考えています。野球でも3割打者になれば、チャンスをモノにできますから」

 花田勝彦監督はこう話す。
 
 駅伝に限ってみれば、今季の上武大はここまで決して順調な歩みではない。6月の全日本大学駅伝予選会は落選。10月の箱根予選会も通過ラインギリギリの10位とまさに薄氷を踏む思いで出場権を手にしている。
 
 だが、花田監督は今年のチームに例年にはない手応えを感じているという。それは「エースの可能性」だ

「これまでは核となる選手がいても、他大学のエースとは互角に戦えないことも多かったのですが、今年は戦える可能性を秘めた選手がいます。彼らは箱根予選会でも私の想定以上の走りをしてくれました。本戦では序盤で流れを作り、上位をうかがう位置でレースを進めることが何より大切です。その意味でエースの成長は頼もしく思っています。今大会はイメージに近い試合運びができるのではと期待しています」