2022.01.30

国枝慎吾、全豪OP優勝の一打は「ゾーンに入った」。テニスを辞めようとさえ考えた孤高の王者に何が起きたか

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 相手の打球がラインを越えたのを見届けた時、幾度も拳を振り上げたのは、勝利の味を心に刻み込むためだっただろうか?

「昨日まで調子がよくなかったが、今日コートに入った瞬間、すべてが変わった。最終セットはキャリアで最高のテニスができた」

 全豪オープン車いす部門シングルスでは、2年ぶり11度目の頂点。その高みに至る最後の数ゲームを、国枝慎吾は「どうプレーしたか覚えていない」と言った。

2年ぶり11度目の全豪OP優勝を果たした国枝慎吾2年ぶり11度目の全豪OP優勝を果たした国枝慎吾 この記事に関連する写真を見る  全豪オープンを含むメルボルンでの3大会は、国枝にとってUSオープン以来の公式戦。東京パラリンピック、そして休む間もなく渡米してトロフィーを掲げた昨年の9月は、国枝のキャリアにおいても、もっとも暑い晩夏だったろう。

 ただ、それら疾走のあと、「モチベーションを見つけるのが難しい」状態に陥った。

 悲願の母国での金メダルに、46を数えるグランドスラム単複での優勝----。考えうるほぼすべての栄冠を手にした37歳の今、新たな目標を見つけ、自分を駆り立てるのが困難なのは、あまりに当然な心身の帰結だった。

 昨年末にオーストラリアへと旅立った時は、競技の現場に身を置けば、再び戦う理由が見つかると思ったのかもしれない。ただ、いざコートに向かっても、簡単に心が変わりはしなかった。

「どことなく、目標がないなかでやっている感はある」なかで、それでもシーズン開幕戦では頂点に立ち、続く大会では決勝に進出。その試合中に背中に痛みを覚えたため、大事をとって棄権して迎えた今回の全豪オープンだった。

 心と身体が重ならぬままの試合は、相手以上に自分との戦いだったろう。長く師事するメンタルトレーナーの激励の言葉も「たまに重かったりもする」と、苦笑いとともに明かす。

 それでも単複で決勝に勝ち上がるが、ダブルスでは英国ペアにファイナルセットで競り負けた。

「もう、テニス辞めようかな」

 そんな考えに、ふと襲われる。翌日のシングルス決勝戦の前にも、「もしかしたら最後の試合になるかな」との思いが胸をよぎった。