2018.03.11

アルペン村岡桃佳、メダル連発も
まだ通過点。 最終日まで「攻める」

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • photo by Photo Service One/Uehara Yoshiharu

 平昌パラリンピック競技初日の10日、チョンソンアルペンセンターでアルペンスキーの滑降が行なわれ、女子座位の村岡桃佳(早稲田大)が銀メダルを獲得した。また、女子に続いて行なわれた男子でも座位の森井大輝(トヨタ自動車)が2位に入り、日本チームに勢いをつけるスタートを切った。

平昌大会でソチ大会の悔しさを払拭する攻めの滑りをした村岡桃佳 今大会の日本勢メダル第1号となった村岡。レース後に報道陣に囲まれ、笑顔を見せながら「メダル獲得第1号になって、勢いをつけたいと思って挑んだ。率直に言って、ホッとしています」と語った。

 座位とは、体幹や下肢に機能障がいや切断があるクラス。シート、フレーム、サスペンションから構成されるチェアスキーに乗り、両手にアウトリガーを持って滑走する。

 今回、滑降のレースには7人がエントリー。直前に滑ったメダル候補の2選手が転倒する波乱のレースとなった。村岡もスタートで待たされ、自分も転倒するのではという「恐怖のレース」に挑む心境だった。「完走目指して無難な滑りをすれば、もしかしたら表彰台が狙えるんじゃないか」。そんな思いも、一瞬頭をよぎった。

 気温が上がり、太陽に照らされた雪はさらに難しいコンディションになっていた。だが、スタート位置につくと、「やっぱり勝ちにいこう」と自然と腹が据わった。転倒の不安と戦いながら、追求してきた攻めの滑りに徹することができた。そこが、ソチ大会からの4年間で変化した部分だと、村岡は自分自身を分析する。

「今までは、そういう気持ちになったとしても、それを滑りで表現できない自分がいた。だから今日、その気持ちを持てたこと、そしてベストの滑りができたことは自分の中での成長だと思います」