2018.03.13

スノーボードクロスで成田緑夢が銅。
「僕にとっては完璧なメダル!」

  • 星野恭子●取材・文 text by Hoshino Kyoko
  • photo by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

 平昌パラリンピックは競技3日目の12日、チョンソンアルペンセンターで今大会から正式競技となったスノーボードの1種目目、スノーボードクロスが行なわれ、男子LL2(下肢・膝下障害)クラスで初出場の成田緑夢(ぐりむ/近畿医療専門学校)が3位決定戦で勝利し、銅メダルをつかんだ。日本選手がスノーボード競技でメダルを獲得するのは初めて。また、今大会の日本勢にとって3日連続となる4個目のメダルだった。

納得の銅メダルで、笑顔を見せた成田緑夢 成田は今季のワールドカップ年間総合優勝を果たし、世界ランキング1位タイで今大会に臨んだ。金メダルも期待されたが、「挑戦」を目標に掲げていた成田は、銅メダル確定後の取材エリアで、まぶしいほど清々しい笑顔とともに言い切った。

「完璧なメダルです。僕にとっては。挑戦をやめなかったから、楽しかったし、挑戦してメダルがもらえたから、最高の気分です」

 スノーボードクロスは雪上のF1とも格闘技とも呼ばれ、スリリングな駆け引きや接触、転倒もあるデッドヒートが魅力だ。パラリンピックでは1人で滑る予選を経て、タイム上位16人が進出する決勝トーナメントでは2選手が同時に滑り、先着したほうが勝ち上がる。

 この日は気温が上がり、春スキーのような湿気を含んだ雪質で、バランスを崩す選手が相次ぐ難しいコンディション。だが、成田は「先行逃げ切り型」の持ち味を存分に発揮して、予選1本目を58秒21でトップに立つと、2本目は棄権して体力温存。2本目も成田のタイムを超える選手は現れず、そのまま1位で決勝トーナメントに駒を進めた。