2017.12.23

金メダル43個。メダル総数98個。
アジアユースパラの日本が凄い!

  • 瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka
  • X-1●写真 photo by X-1

 パラリンピックの登竜門と言われる「アジアユースパラ競技大会」が、ドバイで12月9日から4日間の日程で行なわれた。87選手(7競技)が参加した日本は、金メダル43個を含む98個のメダルを獲得。金メダルランキングでは、中国やイランを抑えて1位に輝き、日本パラリンピック委員会の中森邦男事務局長は「すごくうれしいこと。ひとりでも多くの選手が2020年の日本代表になれるよう、がんばってもらいたい」と満足そうに語った。

100m背泳ぎで金メダルを獲得した14歳の浦田愛美 なかでも大量の金メダルを獲得したのが水泳だ。そのうちのひとり浦田愛美(まなみ・14歳)は、競技歴わずか2年でパラリンピックの有望選手と呼ばれる逸材である。2歳のときに病気で左足の膝から下を切断。中学の部活で水泳を始めると、瞬く間にその才能を開花させ、記録をぐんぐん伸ばしている。

「水泳にハマっています。部活では健常者と泳いでいるし、50mを60本全力で泳ぐようなきつい練習とかは本当に苦しいんですけど、泳ぎ切った時の達成感が最高。始めたばかりで偉そうなことは言えないけど、水泳がとにかく大好きなんです」

 今大会は4種目に出場し、100m背泳ぎで金メダル、400m自由形で銀メダルを獲得(ともにS9)。初めての表彰台を経験し、弾ける笑顔を見せた浦田は、こう明言する。

「私の目標は2024年のパリです」