2016.05.23

悲願のメダル獲得へ。ウィルチェアーラグビー、
怒涛の合宿&残り3カ月で克服すべき課題

  • 宮崎俊哉●取材・文 Miyazaki Toshiya
  • 加藤よしお●写真 photo by Kato Yoshio

 ウィルチェアーラグビー日本代表は、パラリンピックアテネ大会8位、北京7位、ロンドン4位と順位をアップさせてきた。昨年行なわれた、リオデジャネイロパラリンピック予選を兼ねたアジア・オセアニアチャンピオンシップでは2014年世界選手権優勝のオーストラリアを撃破し、出場権を獲得。リオでのメダル獲得はもちろん、金メダルの期待も高まっている。

今大会を振り返り、悔しさを滲ませたエースの池崎大輔 そんななか、世界ランキング3位の日本が、同2位のアメリカ、4位のオーストラリア、5位のイギリスを迎え撃つべく5月19~22日、千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)でジャパンパラ競技大会が開催された。

 パラリンピック本番に向けての前哨戦として合宿を重ね、万全の態勢で臨んだ日本だったが、結果は残念ながら4カ国中の4位。それでも、予選リーグ(2回総当たり)では、オーストラリアに2敗したもののアメリカに2連勝、準優勝のイギリスにも1勝1敗とし3勝3敗。リオでのメダル獲得の可能性はまだまだ消えていない。

 強豪国に対して「自分たちが積み重ねてきた形」が出せずに終わった今大会、日本代表には多くの課題と修正点が見つかった。荻野晃一ヘッドコーチをはじめ、選手全員が揃って口にしたのは「フィジカル」についてだった。

「ラグビーですから、当たり負けして体力を削られ、疲れていたら勝てません」

 エースの池崎大輔は唇をかみしめ、そう語った。