ビキニ選手REIKAのたゆまぬ努力「減量15キロ」「食事は餌」「月150本のパーソナル」

  • 石塚 隆●取材・文 text by Ishizuka Takashi

ビキニ選手・REIKAさんインタビュー(後編)

◆REIKAさん・前編>>異色の経歴「オリンピック代表候補→レースクイーン→ビキニ選手」

 REIKAさんがステージに立つと、やはり迫力が違う──。日本人選手の枠に収まらないポテンシャルは、オリンピックを目指していたアスリート時代の賜物だろう。

 世界的な人気を誇るビキニという魅せる競技において、レースクイーン時代に培った経験も大きい。「強くてカッコいい女性」を目指すREIKAさんの次なる目標とは?

◆オリンピック代表候補→レースクイーン→ビキニ選手・REIKAさんの昔と今(50枚)>>

   ※   ※   ※   ※   ※

なぜレースクイーンからフィットネスの世界へ? photo by Yazawa Takanoriなぜレースクイーンからフィットネスの世界へ? photo by Yazawa Takanoriこの記事に関連する写真を見る── REIKAさんは2017年からレースクイーンやモデルの仕事をしながらボディコンテントへ出場するようになりました。なぜ大会に出ようと思ったんですか?

「レースクイーンを始めた当時は、コスチュームを着こなすために身体が細くなければいけなかったんです。ただ、そうすると筋量は落ちるし、脂肪も増えてしまう。これじゃダメだなと思ってトレーニングを始めたんです。

 でも、どうせやるならば目標がほしいと思って、コンテストがあることを知り、じゃあがんばってみようかと。ボディメイクのコーチをつけて4カ月ぐらいトレーニングをして、初めて大会に参加したら準優勝できたんです」

── さすがは元オリンピック代表候補。ベースとポテンシャルはあったわけですね。

「最初は『ベストボディ』というカテゴリーであまり筋肉量を必要とせず、身体のラインの綺麗さを競う大会だったんですけど、その後の大会も優勝することができました。2年目からはもっと筋肉が必要な大会に転向したので、今は『ビキニ』というカテゴリーに参加しています」

── 身長174cmのREIKAさんは「170cm以上のクラス」ということですが、非常にゴージャスで均整のとれた肉体だと感じられます。このビキニ競技の魅力というのは何でしょうか。

「ボディビルのようなムキムキの肉体ではなく、私が目指したいのは、お尻も胸も丸みのある女性らしいスタイルを保ちつつ、筋肉もしっかりとある身体なんです。だからビキニは非常にやりがいがありますし、毎年身体がバージョンアップしていく感覚はありますね」

1 / 3

プロフィール

  • 石塚 隆

    石塚 隆 (いしづか・たかし)

    フリーランスライター。1972年生まれ。神奈川県川崎市出身、現在は鎌倉在住。『Sportiva』をはじめ『Number』『週刊ベースボール』『集英社オンライン』『週刊プレイボーイ』など、スポーツを中心に、政治、経済、サブカルチャーなど多岐にわたるジャンルで寄稿している。趣味はサーフィン、トレイルランニング

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る