ファン投票上位者が集う2レースが間近 児玉碧衣は「ガールズケイリンを盛り上げているのは我々」と日本代表選手に闘志むき出し

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuda Kenji、Ikeda Seitaro

【ベテラン選手がしのぎを削る】

 そして16日のアルテミス賞レースには、ファン投票8位の石井寛子、9位の日野未来、10位の荒川ひかり、11位の奥井迪、12位の石井貴子、13位の梅川風子、14位の小林莉子が出場する。

 注目は昨年ガールズケイリン史上初の500勝を達成したガールズケイリン2期生(104期)の石井寛子をはじめ、ガールズケイリン1期生(102期)の小林莉子、3期生(106期)の奥井、石井貴子とベテラン勢が何人も登場すること。歴史を紡いできた選手たちの出走は、見守ってきたファンにとっては感慨深く、この上ない楽しみだろう。また初めて見る人にとっても、数々の熾烈なレースで培ってきた彼女たち一人ひとりの走行スタイルの違いに、面白みを見出せるはずだ。

 またこのレースでもナショナルチームの一員として世界選手権に出場している梅川が登場する。「ナショナルチームの選手たちは、最先端の練習をこなしている分、本当にスピードが違うし、日本を背負っている雰囲気がある」と児玉も絶賛するように、段違いの走りが見られるかもしれない。

 熱すぎる女たちの戦い、ガールズケイリンコレクション2023西武園ステージ。今のガールズケイリンを知ることができる最適な2レースがまもなくやってくる。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る