2022.07.28

さばいどる・かほなんのワイルドキャンプに欠かせない “7つ道具”。「ロマンも大事にしてます」

  • 辻 歌●取材・文 text by Tsuji Uta
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

さばいどる・かほなんインタビュー中編
「ワイルドキャンプの7つ道具」

サバイバルするアイドル「さばいどる」として活躍中のかほなん。YouTube『さばいどるチャンネル』では、食料調達から家具作りまで自給自足するなど、ハードなキャンプスタイルを発信している。そんなワイルドキャンプをしている理由は、夢の無人島生活を実現させるため。「数少ない道具だけでも、自由な発想で使いこなせば、大抵はなんとかなる」というたくましい彼女の、欠かせない"7つ道具"を教えてもらった。

キャンプに欠かせない「7つ道具」を紹介してくれたかほなんキャンプに欠かせない「7つ道具」を紹介してくれたかほなん この記事に関連する写真を見る

(1)1本で野外生活全般をまかなう!「さばいどるナイフ」

かほなんオリジナルの「さばいどるナイフ」。今秋発売予定かほなんオリジナルの「さばいどるナイフ」。今秋発売予定 この記事に関連する写真を見る

かほなん 私の場合、ナイフをいっぱい持って行くのではなくて、1本で生活をするというスタイル。だから、薪割りも料理もできて、魚がさばけて、というのが必須条件。枝払いや狩猟した動物の解体にも使います。その条件をかなえるため、職人さんにほしい機能やデザインをオーダーして、オリジナルの「さばいどるナイフ」を作ってもらいました。

 今使っているのは、その第4弾。夢である無人島生活に向けたナイフなので、海のそばで酷使することを想定。潮風にさらされてもサビにくいオールステンレス製で、汚れが落としやすい刃とハンドルが一体型のデザイン、研ぎやすさ......などを職人さんと相談して完成させました。

 この第4弾は、「Asurah Knives(アスラ・ナイブス)」という新進気鋭のナイフメーカーで制作してもらいました。この秋に販売も予定しているので、お楽しみに!

この記事に関連する写真を見る

(2)白飯、カレー、ピザ...いろいろ作れる万能クッカー!「飯盒(はんごう)」

「飯盒(はんごう)」。かほなん私物はキャプテンスタッグのもの「飯盒(はんごう)」。かほなん私物はキャプテンスタッグのもの この記事に関連する写真を見る

かほなん キャンプで使う調理器具・クッカーは、いろんな種類が出ています。そのなかで、好きすぎるのが兵式飯盒。上から見たらソラマメのような形をしている、昔からあるタイプです。昔からあって、今まであるものは、いいものだと思います。一周してコイツが一番いいんだぞって、私は世の中に唱えています(笑)。

 愛用している理由は、まず見た目がカッコいい!というのもありますが、とにかく万能なんです。飯盒は、本体、中蓋、外蓋という3つのパーツで構成されていて、それぞれを活用することで、使い道がどこまでも広がります。一人分のご飯なら、中蓋でお米を炊きながら、本体で汁物やカレーを作って......といった同時調理が可能。フライパンや蒸し器にもなるし、フタはお皿がわりになるし。私は、焚き火の上に横向きに置いて、ピザを温めたこともあります。

 特性を知れば知るほど、いろんな使い方ができる。奥が深いです。「これが正解」という使い方がないので、自分で発見してやっていくことが楽しいです。

この記事に関連する写真を見る