2022.07.28

「大きい島がほしいので、そうなると億……」アイドル界の異端児、かほなんは無人島生活の夢に人生をかける

  • 辻 歌●取材・文 text by Tsuji Uta
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

さばいどる・かほなんインタビュー前編
「夢は無人島生活」

夢は無人島生活ーー。キャンプ、釣り、登山、狩猟が特技という、アイドル界の異端児、かほなん。サバイバルするアイドル「さばいどる」として本格的なアウトドアライフを発信し、YouTube『さばいどるチャンネル』の登録者数は、46万人超(2022年7月現在)の人気者だ。自給自足やゲテモノ料理挑戦など、ワイルドすぎる際どい体験も、自身の夢への予行演習のひとつ。自然のなかで本気でサバイバルする、ただ者ではないアイドルの素顔に迫る!

無人島生活の夢を語った、さばいどる・かほなん無人島生活の夢を語った、さばいどる・かほなん この記事に関連する写真を見る

スキルもお金も! 無人島生活に向け"貯金中"

── 一般的なアウトドア体験とは一線を画すサバイバルスキルをYouTubeなどで披露しているかほなんさん。さかのぼってアウトドアに目覚めたきっかけは?

かほなん
 お父さんがアウトドア好きで、小さい頃から家族旅行といえばキャンプ。あと、岐阜県の田舎育ちで女の子の友だちが少なかったから、遊ぶといえばひとりで近くの公園に行って虫を捕ったりカエルとたわむれたり、男の子のような少女時代で。昔からアウトドアやひとり外遊びが好きだったんです。

──アイドルとしてライブ活動をしながら、「さばいどる」としてさらに深い自然のなかにも入っていきましたね。

かほなん
 2013年からご当地アイドルとして、フリフリの衣装を着て歌って踊るグループで活動していたんですけど、爆発的人気にはならなくて(笑)。「なんとかしなくては!」という話になって、当時流行っていたYouTubeをやってみようと。もともと好きだったアウトドアの趣味を生かして、サバイバルするアイドルで「さばいどる」と名乗って動画を作り始めたんです。

 最初は冗談で「夢は無人島生活」と掲げていたんですけど、だんだんスキルが高まっていって、ここ2、3年は、本当に夢を叶えられるんじゃないかと思って。「無人島に行く」じゃなくて「無人島に住む」が夢なので、スキルだけじゃなくお金もためて......と考えるように(笑)。

──自分専用の無人島を買う、ってことですね。いくらくらいするものなんですか?

かほなん
 数百万から数億までピンキリであります。私がほしいのは、山や沢があったり、水が湧いたりと、ちょっと大きい無人島がほしいので、そうなると億......。可能なら、日本円で買えるところで。ヤギやニワトリを飼って、卵とか、乳でチーズを作ったりとか......ロマンがありますね。

この記事に関連する写真を見る この記事に関連する写真を見る