2022.07.19

競泳選手の恋愛・交友事情とは? 寺村美穂が語る、男女の距離が近いことで生まれる誤解

  • text by Sportiva
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

「今はいち水泳ファン」と語る寺村美穂「今はいち水泳ファン」と語る寺村美穂 この記事に関連する写真を見る
寺村美穂インタビュー後編

 昨年9月に競泳選手を引退した寺村美穂。200m個人メドレーでリオ五輪、東京五輪に出場するなど、充実の選手生活を送る一方で、2度の手術や生理の問題など辛い経験もしてきた。それでも彼女の前向きで天真爛漫な性格もあり、男女関係なく、良好な関係を築き続け、トップスイマーたちと友情を育んできた。そんな彼女に、トップスイマーたちの交友事情なども聞いてみた。

インタビュー前編はこちら>>

競泳界は異次元の世界だった

――先日、ブダベストで世界水泳が開催されましたが、今はどのような気持ちで水泳を見ていますか。

 世界水泳は日本だと夜中の放送だったんですが、毎日見ちゃいました。初めて、引退した状態で世界水泳を見ましたので、すごく変な感じでしたね。いろんな感情がありました。「もう一生このような場で戦えないんだな」という寂しさもありましたし、いち水泳ファンとして「みんな頑張れ」という気持ちもありました。今はいろんな競技を見て応援したいなという気持ちはありますが、やっぱり水泳だけは特別ですね。

――東京五輪からまもなく1年が経ちます。この1年を振り返って感じることはありますか。

 引退してから約1年、今までやってこなかったことを経験させてもらっているので、短いようで長かったなと思いますね。新しい1年を過ごさせてもらって、今後もすごく楽しみだなと思います。競泳人生がなつかしいなと、たまに浸りたくなります。

――今思い出すと、どういう情景が思い浮かびますか。

 やっぱり楽しいことですね。本当にいい経験をさせてもらいましたし、本当にきついことをしていたなとも思います。ひとりの女性になって気づいたことは、これまで異次元の世界に身を置いていたんだなということです。

 きっと100歳まで生きても、私の競泳人生25年間は濃かったなと思うと思います。本当に宝物です。今後の私の人生で、水泳がなくなることはないと思います。