2022.04.29

アドベンチャーレーサー田中陽希「殴られる意味がわかっていました」。仲間との過酷なレースで得た精神的成長

  • 田中清行●取材・文 text by Tanaka Kiyoyuki
  • 岡庭璃子●撮影 photo by Okaniwa Rico

プロアドベンチャーレーサー・田中陽希インタビュー前編

2014年に人力のみで日本百名山を完登する旅「日本百名山ひと筆書き Great Traverse(グレートトラバース)」に挑んだプロアドベンチャーレーサー田中陽希。その後、2015年に2百名山、2018年から昨年8月にかけて3百名山の旅を終え、日本全国計501座の山を完全踏破した。長い挑戦を終えた田中が今、自身の半生を振り返り、未来を見据える。前編では、自然をフィールドに多種目のアウトドア競技を行なうアドベンチャーレースを通した「精神的成長」を語る。(記事中敬称略)

アドベンチャーレースでの学びを語った田中陽希アドベンチャーレースでの学びを語った田中陽希 この記事に関連する写真を見る 田中陽希
 「日本百名山ひと筆書き」を2014年10月にやり終えて、人生がガラリと変わりました。挑む前、「自らを変えたい」という強い気持ちとともに、歴史をさかのぼっても初めてのことでわからないことも多く、勇気が必要でした。

 私が以前から参加していたアドベンチャーレース(以下AR)で学んだことや、そのチームの仲間からのアドバイスが支えになりました。そもそも自然に近いARに身を投じていなければ、百名山全山を自分の足で歩いて、海を渡ってという発想もしなかったでしょう。

「百名山」の完遂で得心したのは、ひとりの人間として何かに挑戦し、かつ、達成することが自信につながり、さらにその先の世界が見えてくるということ。もうひとつ、日本国内ではARの認知度は低く、私のこのような行動が話題になることで、ARへの注目度が増し熱量を帯びてくることを希望に思いました。

あるイギリス人の言葉に呆然

 今から10年前の28歳の時、(世界有数のARである)南米のパタゴニアエクスペディションレースで準優勝しました。その時、先を行くイギリスのチームの主将に「毎年なぜそんなに強いのか」と聞いてみました。すると、彼は「いつでも選手がそろっていて、そのなかで調子のいい者を選んでいるからだ」と。

「一緒に生活し、トレーニングをしているのか」の質問には、「ふだんはそれぞれの生活があり、それぞれ活動している。お互いに信頼し合っていて、各自が挑み、高めている」との回答でした。かたや我々のチームは、まず出場可能なギリギリの人員しかいません。そのせいか、共同生活でトレーニングし、寝食をともにすることで質や体力、コミュニケーション能力を上げよう、つまりチームワークを磨くことで、体力や経験の差を埋めようとしてきたように思います。

南米の大自然を舞台にしたパタゴニアエクスペディションレース南米の大自然を舞台にしたパタゴニアエクスペディションレース この記事に関連する写真を見る この記事に関連する写真を見る この記事に関連する写真を見る