2022.02.20

カーリング女子日本代表が圧巻のショット率を叩き出した要因。初の頂点へ緻密な戦略に期待

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

 劇的なクオリファイ(決勝トーナメント進出)から一夜明け、前日に敗れたスイスと再び準決勝で対戦したカーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ。世界選手権2連覇中の優勝候補を相手に見事に投げ勝って、日本カーリング史上初の五輪ファイナリストとなった。

日本カーリング史上初のファイナル進出を決めた日本代表のロコ・ソラーレ日本カーリング史上初のファイナル進出を決めた日本代表のロコ・ソラーレ この記事に関連する写真を見る  準決勝で特に際立った活躍を見せたのは、リードの吉田夕梨花だ。難易度の高いウィック(アウトにならないように相手のストーンを動かすこと)4投を含めて、圧巻のドロー18投。この大一番で、ショット率99%という準パーフェクトの数字を叩き出したのだ。

 日本はほとんどのエンドにおいて、セカンドの鈴木夕湖、サードの吉田知那美の計4投のどこかでいいショットが決まればチャンスメイクができるような、余裕を持ったゲーム運びができた。それは間違いなく、吉田夕の盤石なセットアップによるところが大きい。

 さらに、スキップ・藤澤五月のプレーも光っていた。彼女のショット率も、ラウンドロビン(総当たりのリーグ戦)9戦の平均81%から89%へと上昇。その結果、チーム全体のショット率も83%から88%へ向上し、先攻の際には相手にプレッシャーを与えるショットを残すこと、後攻では得点を積み重ねるショットづくりへとつながった。

 それだけの数字が残せたのは、序盤からアイスリーディング(氷の読み)に成功したことも要因のひとつだが、決勝トーナメントに入って使用する石を選べるようになった点も大きいだろう。