2022.02.18

藤澤五月の苦しむ姿を見て日本のライバルからエール。カーリング女子日本代表の本領はこれから発揮される

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

 カーリング女子日本代表のロコ・ソラーレは、北京五輪のラウンドロビン(総当たりの予選)最終戦でスイスに敗れた。

 試合後、リードの吉田夕梨花が「もう少しいいゲーム、自分たちらしいゲームがもうちょっとできたな......」と言えば、スキップの藤澤五月は「ここまで全9試合、全員で戦いきれたのが何よりもこのチームの誇り」などと語って、選手たちは涙まじりに"敗戦の弁"を口にした。

 しかしそこから約20分後、同時刻に行なわれていたスウェーデンと韓国の試合で、勝てば準決勝進出の可能性が高かった韓国が敗れ、5勝4敗でイギリス、カナダ、日本が並び、直接対決とDSC(Draw Shot Challenge)の結果から、日本は4位でのクオリファイ(決勝トーナメント進出)が決定した。

 その結果を伝えられた日本代表のメンバーは、今度は驚きとうれしさで泣き崩れた。藤澤は「まだ気持ちの整理ができていないんですけど、がんばります」と準決勝へ向けての抱負を語った。

準決勝進出を決めたカーリング女子日本代表準決勝進出を決めたカーリング女子日本代表 この記事に関連する写真を見る  その藤澤だが、ラウンドロビン終盤、特に最後のスイス戦ではアイスリーディング(氷の読み)に苦しんだ。スイス戦に限って言えば、4エンドでは速いテイクで、5エンドではウエイトを落したテイクで、それぞれスルーしてしまうなどの大きなミスが出た。

 そのあとも、ウエイトと曲がりの幅を模索しながらのショットが続いた。ふだんはどんな大会でも「もうちょっと試合をしたかった」と語る藤澤にしては珍しく、カーリングを楽しめていない表情で、攻める姿勢を示せないままだった。