2022.02.17

渡部暁斗「これ以上、自分のためだけに時間を使うわけにはいかない」。これまでの五輪とは違う想いで臨んだ北京で執念の銅メダル

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by JMPA

 北京五輪のノルディック複合で、2014年ソチ五輪と2018年平昌五輪のノーマルヒル個人では、ともに銀メダルを獲得している渡部暁斗(北野建設)が、5回目の出場となる今回、ラージヒル個人で意地の銅メダルを獲得した。

ラージヒルでは渡部暁斗らしいジャンプと走りを発揮し、銅メダルを獲得したラージヒルでは渡部暁斗らしいジャンプと走りを発揮し、銅メダルを獲得した  今季のW杯は5位が最高で、総合ランキング10位で臨んだ北京五輪。大会前からジャンプの調子がなかなか上がらず、9日のノーマルヒルでジャンプは98mの9位。108mを飛んでトップだった山本涼太(長野日野自動車)に1分16秒差のクロスカントリースタートながら、距離だけのタイムなら全体4位の24分24秒1で滑り、7位入賞を果たしていた。

 そこからラージヒルに向けて徐々にジャンプの調子は上がり、15日のラージヒル個人では「北京に来て一番いいジャンプが飛べた」と、1位のヤールマグヌス・リーベル(ノルウェー)に54秒差の5位と、メダルの見える位置につけた。

「いいジャンプはしたのですが、(走る)ポジションとしては複雑な部分があるというか......。前を54秒差で追わなければいけないのに周りに走るのが速い選手がいないし、自分の40~50秒くらいうしろにいる速い選手たちが、固って追いかけてきそうなので、逆に取り残されちゃった感もありますね。ひとりくらい、一緒に走ってくれるような選手がいたらよかったんですが......。」

54秒前にいるリーベルは、昨季まで3年連続W杯総合優勝を果たし、今季も8勝している選手。走りも渡部より少し落ちるだけの選手で、差を簡単には詰められない。そこそこ走れそうなのは、渡部の7秒前にスタートするマヌエル・ファイスト(ドイツ)くらいで、自分でペースを作って走らなければいけない状況だった。