2021.09.22

「ひとり横綱」の照ノ富士、好調・御嶽海…秋場所注目力士を錣山親方が徹底解剖

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

元寺尾・錣山親方の『鉄人』解説
~2021年秋場所編

元関脇・寺尾こと錣山(しころやま)親方が、本場所の見どころや話題の力士について分析する隔月連載。今回は9月12日から始まり、連日白熱した戦いが繰り広げられている秋場所(9月場所)で奮闘する力士、親方の目についた力士について語ってもらった――。

「ひとり横綱」という状況のなかでも、安定した相撲を見せている照ノ富士「ひとり横綱」という状況のなかでも、安定した相撲を見せている照ノ富士  先場所の名古屋場所(7月場所)後、第73代横綱に推挙された照ノ富士。千秋楽の横綱・白鵬との全勝対決には敗れたものの、横綱審議委員会の定例会合において満場一致で横綱昇進が決定しました。

 照ノ富士はヒザの負傷と内臓疾患の影響によって、大関から序二段まで番付を下げる苦悩を味わいました。しかし、そのどん底から"前代未聞の復活劇"を果たすことに。着実に番付を上げていって、今年の夏場所(5月場所)ではついに以前の地位である大関復帰を成し遂げました。

 さらに、その偉業はそこで終わることなく、大関を2場所で通過。最高位の横綱へと昇り詰めました。本人の努力、精神力の強さはケタ違いだと感服させられます。だいたい、このようなシナリオは描こうとしてもそうそう描けるものではありませんからね。

 そして迎えた秋場所では、この照ノ富士と、名古屋場所で復活優勝を決めた白鵬が引っ張っていってくれると思っていました。ところが、場所直前に白鵬が所属する宮城野部屋の力士が新型コロナウイルスに感染。白鵬をはじめ、部屋の力士全員が休場することになってしまいました。

 白鵬は8月後半に国技館で行なわれた合同稽古にも参加。順調な仕上がりを見せていただけに、本人もさぞかし無念だったことでしょう。次の九州場所(11月場所)で元気な姿を見せてもらいたいものです。

 さて、新横綱となって、いきなり"ひとり横綱"を任された照ノ富士。横綱土俵入りなど新しい役割をこなすことも多く、ただでさえプレッシャーのかかる場所でありながら、相当な責任を背負わされていることでしょう。

 それでも、初日から8連勝。10日目を終えて9勝1敗。攻めも速く、相手力士が付け入る隙のない相撲を見せています。