2020.04.26

1年後は桃田賢斗も安泰ではない。
東京五輪での勢力図を占う

  • 平野貴也●文 text by Hirano Takaya
  • photo by kyodo news

 先の見えない戦いがつづいている。

 新型コロナウイルスの蔓延は、いまだ収束の兆候がない。スポーツも延期や中止の話題がつづいている。1年延期となった東京五輪は、2021年の7月23日に開幕することが3月中に発表されたが、宙に浮いたままの出場権獲得条件などは、ほとんど進展がない。試合をいつから行なえるかわからないのだから、当然だ。

五輪の1年延期は、調整遅れが心配されていた桃田賢斗にとって吉と出るのか 東京五輪で、日本にメダルラッシュの期待がある注目競技のバドミントンも、3月中旬に終えた全英オープンを最後に、国際大会は中断されたままになっている。

 五輪の出場権を左右する世界ランキングは、直近1年間の成績を反映させて決めるが、大会が行なわれないまま時間が進んでいく状況になっているため、世界バドミントン連盟(BWF)は、3月末にランキングの凍結を発表。全英オープンの結果を反映させた3月17日時点のランキングのままだ。

 本来であれば、4月末の時点で五輪出場レースが終わり、出場権獲得選手が決まる予定だったが、中断されたレースの再開方法もまだ決められない状況にある。スポーツ以前の問題だけに解決は困難で、見えないことだらけだ。