2020.03.27

「アスリート専用の動画サイト」まである、
知られざる五輪への強化策

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • 伊藤晴世●撮影 photo by Ito Haruyo

JISS久木留毅センター長インタビュー・後編 (前編から読む>>)(中編から読む>>)

 科学、医学、情報を駆使して競技力の向上をサポートし、オリンピック、パラリンピックにおける日本のメダル獲得増に大きく貢献しているハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)の中核機能「国立スポーツ科学センター」(JISS、東京都北区西が丘)──。東京オリンピック・パラリンピックは2020年夏の開催延期が決まり、代表選手の難しいコンディション調整をサポートするJISSの役割はますます大きくなりそうだ。

 日頃、あまり目立つことのないJISSを率いる久木留毅(くきどめ たけし)センター長にインタビューする企画の最終回は、ITを使った競技力向上の取り組みから聞いてみた。出てきたのは、「JISSnx」というユニークな動画配信システムだ。

「JISSnx は、いわばアスリート版”YouTube”のようなものです。YouTubeとの違いは精密なスロー再生とコマ送りができること。このJISSnx 上にアスリート本人やコーチが撮影した画像でも、JISSスタッフが撮影した画像でもアップしておけば、好きな時に見たい画像を抜き出し、自分のスマホやパソコンにも保存できる。画像解析ソフトも揃っているので、必要であれば自分の良いときのフォームと悪いときのフォームを比較して見ることもできます」

アスリートが利用できる「JISSnx」の画面(一部を画像加工しています)
 もちろん、一般の人はJISSnx にアクセスできず、利用者は日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)それぞれの競技団体が申請した強化指定選手・強化スタッフなどに限られる。ちなみに、彼らの多くは「アスリートカード」を所持しており、それ1枚でトレーニングやリハビリの予約ができるほか、入力されている自分の体重、体温などのデータ、食事やトレーニング内容まで一元管理することができる。