2020.03.24

なぜバド日本女子ダブルスは強いのか。
オグシオからフクヒロ、次世代へ

  • 平野貴也●取材・文 text by Hirano Takaya
  • photo by AFLO

 五輪は行なわれるのか? いつ開催されるのか? 一体いつになれば、ウイルスの脅威から解放され、(五輪予選を含む)試合を行なえるようになるのか。競技を問わず多くの大会が中止され、五輪の延期も検討される事態となり、現在のスポーツ界の注目は、いまだかつてないと言えるくらい、新型コロナウイルスの世界的流行に振り回されている。

バドミントン全英オープンで優勝した、福島由紀(写真左)、廣田彩花(同右)のペア バドミントンも、3月15日に閉幕した全英オープンのあとは、五輪出場権獲得レースが延期または中止になっており、中断している。東京五輪の出場権は、4月30日付の世界ランクに基づいて決まることになっているが、扱いをどうするかは国際バドミントン連盟が後日発表するまでわからない。

 大会の中止が各国で決まる中で通常開催された全英オープンは、トップレベルの争いが見られる貴重な場だったが、そこでは、日本の女子ダブルスが4年間で行なってきたハイレベルな争いの価値を感じさせられた。

 五輪レースの大きなヤマ場で、とくに日本勢では、東京五輪の同国出場最大2枠を争う女子ダブルスが注目されていた。初優勝を飾った福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)の「フクヒロ」ペアは、エースとしての存在感を強く示すとともに、東京五輪の金メダル獲得へ手応えを得た。