2018.08.23

八木かなえはアジアで7位。
東京に向けて強カワ女子最大の悩みは体重

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 奥井隆史●写真 photo by Okui Takashi

 アジア大会のウエイトリフティング女子53kg級に出場した八木かなえ(ALSOK)は、クリーン&ジャークの最後の試技で、自己ベストを1kg上回る113kgに挑戦した。バーベルを首まで挙げるクリーンは余裕があったが、ジャークは差し挙げることができず、バーベルを落とすと苦笑いを浮かべた。

競技中には、笑顔も見えていた八木かなえ「あの時点で、もう7位以内は決まっていたのですが、6位に並ぶためには113kgを挙げるしかなかった。一か八かみたいなところはあったし、しかも4年ぶりくらいに挑戦する重量だったのでちょっと不安もありました。でも挑戦するならここかなと。世界選手権になると思い切った挑戦はできなくなるので。結局取れなかったけど、あの重量に触れたことは収穫だったと思います」

 この大会で目標にしていたのは6位だった。決して高くない目標のように感じるが、1カ月半ほど前に腰を痛めた上に、2週間前には左手首に痛みが出てきて思うように練習ができていなかったことを考えれば妥当な目標だった。この日も左手首にはまだ痛みが残っていたという。

 また、アジアの女子ウエイトリフティングのレベルの高さも影響している。16年リオ五輪では、アジア勢が48kg級から63kg級までの4階級でメダルを独占している。

 昨年10月に、国際連盟はドーピング違反が多すぎる9カ国に対して11月の世界選手権から1年間の参加禁止を決め、アジアからは中国とカザフスタンが入っていた。それでも、世界選手権の53kg級は4位までアジア勢が占め、八木も6位に入っていた。