2018.08.23

バドミントン団体女子が金を獲得。
日本はすべてのところに強みがある

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 奥井隆史●写真 photo by Okui Takashi

 アジア大会でバドミントン団体女子が、強みであるダブルスで力をいかんなく発揮して中国を破り、アジア大会48年ぶりとなる金メダル獲得の快挙を成し遂げた。

優勝が決まった瞬間、コートで喜びを爆発させたバドミントン女子 この優勝は、”中国を破った”ことに大きな意味がある。

 朴柱奉(パク ジュボン)監督はこのように語った。

「今日の決勝へ向けてのミーティングでは『5月のユーバー杯で優勝したときの相手はタイだった。だが、今回の相手は世界トップの中国。ここで勝てば本当の世界チャンピオンになれるから優勝しよう』と話した」

 髙橋礼華(日本ユニシス)も「ユーバー杯優勝はうれしかったですが、やっぱり中国とやって優勝したかったとみんな思っていたと思う。そのライバルの中国を相手に、互いにフルメンバーで戦って勝って優勝できたのは本当にうれしいです」と笑顔を見せた。

 第1シングルスの山口茜(再春館製薬所)は、準々決勝のインド戦はゲームカウント0対2で敗れ、準決勝のインドネシア戦も1対2で敗戦と調子に乗れなかった。その流れを引きずってしまい、決勝でもチェン・ユーフェイに敗れた。

 朴監督が「今日は決勝の第1シングルスということでプレッシャーがかかり、自分のプレーができていなかった」と言うように、第1ゲームは序盤から先行される展開に。中盤からスマッシュを打つようになって少し盛り返したが、15-21であっさりとゲームを先取された。第2ゲームも先行される展開から中盤には9-10と追いすがったが、そこから突き放されて12-21で敗れた。世界ランキング2位の実力を見せられず、団体戦は勝ち星なしで終わった。