2018.02.06

反重力か。ボルダリングJCで
14歳・森秋彩のムーブに観客が大熱狂

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 2月3日~4日、スポーツクライミングのボルダリング日本一と日本代表を決める「第13回ボルダリング・ジャパンカップ(BJC)』が東京・駒沢球技場にて開催された。結果は、男子は藤井快(ふじい・こころ)が94選手の頂点に立って3連覇を達成。60選手が出場した女子では野口啓代(のぐち・あきよ)が女王の座に返り咲いた。

観客を魅了した14歳・森秋彩のクライミング 野口は決勝戦の3課題目、制限時間の残り4秒で完登に持ち込んで1661人の観客を沸かせると、第4課題も完登してゴールし、満面の笑顔でガッツポーズ。若い力が台頭するなか、決勝の課題をすべて完登して2年ぶり11回目の優勝を手にした28歳は、「本当にもう、優勝できるとは思っていなかったので」と目を潤ませた。

 ボルダリングW杯通算28勝を誇る野口を、それほどまでに追い込む若手の代表格として、前回大会で最年少優勝を果たして今大会でも3位になった15歳の伊藤ふたばに脚光が集まる。だが、それ以上に輝きを放っていたのが、野口と同じ茨城出身の中学2年生――14歳の森秋彩(もり・あい)だ。

 初日の予選5課題をすべてオンサイト(1度目のトライで完登すること)し、野口や伊藤とともに1位タイで準決勝進出を決めた森は、予選直後に仰天告白で取材陣を驚かせる。

「年明けから練習が楽しく思えなくなって、モチベーションが上がらないし、精神的にも不安定になって。調子も悪いし、気持ちも大会直前まで切り替えられなくて、予選を突破できるか不安だったので、(突破できて)安心しました」

 好結果を残したことで「メンタル的にはいい感じになった」という森は、2日目の準決勝・決勝でも圧巻のパフォーマンスを見せる。

 準決勝では3連続完登で迎えた最終課題で、スタート直後に左斜め後方に飛び出すランジ(ジャンプ)に苦戦したものの、10トライ目で1手目を掴むと、残り2秒で完登して観客から盛大な拍手が送られた。

 準決勝課題をただひとり全完登した森は、決勝戦の競技順は大トリとなったが、気負いのない登りで観客を魅了していく。