2014.10.27

東京五輪女子体操金メダリスト、チャスラフスカさんに聞く

  • 長田渚左●インタビュー interview by Osada Nagisa 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(6)

 1964東京五輪50周年記念イベントに出席するために来日したベラ・チャスラフスカさん(チェコ)。同五輪では女子体操個人総合など3種目で金メダルを獲得し、「東京五輪の名花」と称えられた。大の親日家としても知られ、チェコ日本友好協会名誉会長としても活動している。そんなチャスラフスカさんに、『桜色の魂 チャスラフスカはなぜ日本人を50年も愛したのか』の著者、長田渚左氏が聞いた。

来日したベラ・チャスラフスカさん――今回は、日本との50年のつながりで来ていただきました。

「51年です。東京五輪の前の年にも日本に来ています。それから1960年のローマ五輪で日本から来た体操チームに初めて会いました」

――ローマ五輪から計算すると54年。ほんとに長いつながりですね。

「一般的な夫婦生活よりもっと長い関係じゃないかしら。今回は古くからの友人たちにも会えてとても幸せでした。お祝いの会もすばらしかった。日本政府、オリンピック委員会も力を入れていて、参加している人たちはみんな、オーガニゼーション(運営)が見事と言っていました。パーフェクトでした」

――今の東京は50年前の東京と比べてどうでしょう。

「今回、江戸博物館に行きました。終戦直後の写真を見ました。それから短い間にすばらしい発展をしたんですね。日本の発展はすごく早い。日本人はそれに慣れているのでしょうが、私たちにはそういう経験がないので、びっくりしました。もちろん今の東京は50年前の東京とは全然違う。街が横の方向にも上の方向にも、そして地下にも大きくなりました。けれども変わらないこともあります。それが日本人のメンタリティです。優しくて心の豊かな人たち。浅草に観光に行ったのですが、私たちが記念のバッジをつけていたから分ったのでしょう。『こんにちは』とたくさんの人が挨拶をしてくれて気持ちがよかったです。50年前のことをいろいろと思い出しました」