島田麻央、世界ジュニアで優勝も涙のわけ。憧れの浅田真央超えの快挙に「びっくりしてます」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo News

【憧れの舞台を楽しめた】

 14歳の島田麻央(木下アカデミー)はジュニアデビューシーズンながらも、昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制覇し、初めての世界ジュニア選手権に臨んだ。

 優勝候補筆頭の重圧もあったはずだが、大舞台で本物の強さを見せた。

「初めてなのでプレッシャーというより、憧れていた舞台なので楽しみたいという気持ちでいられました」

世界ジュニア選手権を制した島田麻央世界ジュニア選手権を制した島田麻央この記事に関連する写真を見る 3月1日(現地時間)のショートプログラム(SP)は、「調子が上がらないので不安もありましたが、練習どおりの演技ができてよかった」と振り返るとおりの出来だった。

 3回転ループとダブルアクセル、そして演技後半に入れた3回転ルッツ+3回転トーループをすべてきれいに決める滑り出し。

 フライングキャメルスピンはレベル3となったが、基礎点が1.1倍になる後半に3回転ルッツからの連続ジャンプを入れて強みを活かし、技術点は全体でトップの40.67点を獲得した。

 演技構成点はジュニアGPファイナル2位のシン・ジア(韓国)に0.09点だけおよばなかったが、島田の得点はジュニアGPシリーズ初戦のチェコ大会で出した自己最高得点を0.29点更新する71.78点を獲得。首位でスタートを切った。

「練習ではトリプルアクセルと4回転トーループはあまり跳べていない状態で、3回転ルッツ+3回転トーループについても跳べてはいるけど、思っているようには跳べてない感じでした。

 でも、練習で調子がよくても試合で跳べなかったり、調子が悪くても跳べるということもあったので、最後まで諦めないで滑ろうと思っていました」

 ジュニアGPシリーズやジュニアGPファイナルなどの国際舞台が続くなか、緊張する試合が多かった。そうして経験を経て、「今大会は楽しめた」と言った島田は、僅差の首位発進ながら落ち着いた表情を見せていた。

1 / 3

プロフィール

  • 折山淑美

    折山淑美 (おりやま・としみ)

    スポーツジャーナリスト。1953年、長野県生まれ。1992年のバルセロナ大会から五輪取材を始め、夏季・冬季ともに多数の大会をリポートしている。フィギュアスケート取材は1994年リレハンメル五輪からスタートし、2010年代はシニアデビュー後の羽生結弦の歩みを丹念に追う。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る