2022.01.12

鍵山優真「今季は全部うまくいかないと思った」からの北京五輪出場へ。浮上のきっかけはコーチである父からの一言だった

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

Sportiva注目アスリート「2022年の顔」
第12回:鍵山優真(フィギュアスケート)

(第11回:松島輝空(卓球)張本智和に続く「男子卓球界の怪物」>>)

スポルティーバが今年とくに注目するアスリートたち。その才能でどんな輝かしい活躍を見せてくれるのか。「2022年の顔」と題して紹介する。

* * * *

昨年12月の全日本選手権の鍵山優真。3位で五輪出場の切符を手にした昨年12月の全日本選手権の鍵山優真。3位で五輪出場の切符を手にした この記事に関連する写真を見る

【親子2代で五輪出場へ】

 昨年12月26日、全日本フィギュアスケート選手権の男子フリー。演技を終えた鍵山優真(オリエンタルバイオ/星槎)はリンクから上がって父・正和氏にねぎらわれると、涙をこぼした。そしてキス・アンド・クライで自分の得点を知ると、冷静な表情で何度もうなずいた。

 あとに宇野昌磨と羽生結弦の演技を残していたが、その時点でトップに立って3位以内が確定。グランプリ(GP)シリーズ2勝でGPファイナルへトップ進出した実績も考えれば、1992年アルベールビルと1994年リレハンメルに出場した父に続き、北京五輪出場はほぼ確実になった。

 GPファイナルがコロナ禍で中止も、練習時間が増えたとポジティブに捉えた鍵山。だが、全日本SPは納得できる演技ではなかった。

 前のグループで羽生と宇野が、それぞれ111.31点と101.88点を出したあとの演技だった。慎重に滑り出した鍵山は、最初の4回転サルコウ+3回転トーループはきれいに決めたが、次の4回転トーループは尻もちをついて転倒。そのあとのトリプルアクセルやスピンとステップはレベル4と隙のない滑りを見せたが、得点は95.15点。4位の山本草太に1.36点差まで迫られる3位発進だった。