2022.01.13

「寄せ書きを書く側だったけれど、もらえる側になるとは」。河辺愛菜、持ち前の度胸で北京五輪へ挑む

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo News

公開練習後、仲間から寄せ書きを受け取った河辺愛菜(前列中央)公開練習後、仲間から寄せ書きを受け取った河辺愛菜(前列中央) この記事に関連する写真を見る

【少しずつ湧いてきた実感】

 1月11日に北京五輪へ向けた練習を公開した河辺愛菜(17歳、木下アカデミー)。昨年末の全日本フィギュアスケート選手権で3位となり、五輪代表に内定。発表翌日の取材で河辺は「ビックリしているというのが一番大きい。五輪に本当に出られるとは思っていなかったし、全日本でも五輪出場より自分のベストを目指したいということだけを考えていたので。発表を聞いた時は、あの大きな舞台で滑れるんだというワクワク感が大きかったです」と話していた。

 それから2週間が過ぎた公開練習。河辺は「これまでは五輪へ行く実感はなかったのですが、学校でみんなが応援してくれたし、メッセージもたくさんもらったので、あらためて実感が湧いてきました」と笑顔で話す。練習後には木下アカデミーのチームメイトから寄せ書きのプレゼントもあり、「みんなが書いているというのも知らなくて......。前の邦和スポーツランドにいた時は、(2014年)ソチ五輪に出る鈴木明子さんに寄せ書きを書く側だったけれど、もらえる側になるとは思っていなかったのですごくうれしかったです」と、感動を口にした。

 今シーズン序盤には、まったく意識していなかった五輪出場。「(11月の)NHK杯でロシア選手はいないなかでしたが2位になれたので、(五輪へ)行きたいという気持ちも出てきました」と話すが、全日本選手権ではあまり考えないようにしていた。

 指導する濱田美栄コーチも「あの舞台で五輪を狙うとなれば、よほどしっかりした選手ではないと足がすくむと思います。愛菜は本当に普通の高校生だから、気楽に出させてあげたほうがいいと思って、自分のやるべきことをやるというのを重点に、(目標)設定も四大陸選手権出場にしました。だから試合が終わったあとも『これで四大陸選手権に行けるね』と話しただけで、五輪についてはひと言も言いませんでした」と話す。