2022.01.13

松生理乃は持ち味のジャンプで羽ばたく。全日本での悔しいミスも「収穫あった」と前を向き、四大陸選手権にのぞむ

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

Sportiva注目アスリート「2022年の顔」
第13回:松生理乃(フィギュアスケート)

(第11回:鍵山優真(フィギュアスケート)苦境から五輪出場へ>>)

スポルティーバが今年とくに注目するアスリートたち。その才能でどんな輝かしい活躍を見せてくれるのか。「2022年の顔」と題して紹介する。

* * * *

全日本フィギュアの松生理乃。総合7位だった全日本フィギュアの松生理乃。総合7位だった この記事に関連する写真を見る

【五輪代表を逃す悔しいミス】

 2回目の出場で表彰台を狙った昨年12月の全日本フィギュアスケート選手権。松生理乃(中京大中京高)はショートプログラム(SP)で順位は6位ながらも、基礎点が1.1倍になる演技後半に3回転ルッツ+3回転トーループを組み込んだ難しい構成をノーミスで滑った。自己最高の72.31点を獲得。2位の樋口新葉とは2.35点差で表彰台を十分に狙える位置につけていた。

「危ないジャンプはありましたが、久しぶりに大きなミスをしない滑りができたし、久しぶりに70点台を出せてうれしいです(※昨年8月のげんさんサマーカップSPで70.27点)。フリーも完璧な演技をそろえていきたいです」

 全日本SP後にこう話した松生。ジュニアで初出場だった前年とは違い、シニアで勝負する今季、フリーは最終グループだった。北京五輪選考会を兼ねたふだんとは違う空気に包まれた会場での最終グループ第1滑走。

「五輪選考会というすごく緊張感のある試合で、最終グループに入れてもらえたので去年(2020年)の全日本とはまったく違う雰囲気で......。メンタルの弱さというのがあり、うまくいきませんでした」

 その演技はジャンプが得意な彼女にとっては珍しい失敗からスタートした。最初の3回転ルッツで回転不足になって転倒すると、次の3回転フリップも回転不足で転んだ。