2021.12.27

本田真凜、天才だった自分を超える戦い。全日本フィギュアを終え「やっぱりスケートってすばらしい」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

12月25日、全日本フィギュアのフリーに臨む本田真凜12月25日、全日本フィギュアのフリーに臨む本田真凜 この記事に関連する写真を見る 【「天才少女」の十字架】

 2019年夏のインタビューだった。

 当時17歳だった本田真凜は、「天才少女」という十字架を引きずっていた。2016年の世界ジュニア選手権で優勝し、同年の全日本選手権は2度目の出場でシニアに混ざって4位と躍進、さらに2017年にも再び世界ジュニアで準優勝。期待された2018年平昌五輪出場は逃したが、リンクに立った時の艶やかさは群を抜いていた。

ーーフィギュアスケーターとして最終形のイメージは? まだ17歳で遠い未来かもしれませんが。

「まだ17歳、という感覚はないです。(自分のキャリアは)あと4年とか、早くて次のオリンピックで終わり。それくらいの気持ちで、そこまで何ができるか、逆算してやっています。シニアで世界の舞台に出て、満足のできる演技ができるように。それが目標です」

 彼女は真っ直ぐな目で言った。