2021.12.25

羽生結弦の新SP、「音楽の解釈」のジャッジは10点満点。「自分の代表プログラムとなるものだという思いはある」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

全日本フィギュアで非公認ながら今季世界最高得点をマークした羽生結弦全日本フィギュアで非公認ながら今季世界最高得点をマークした羽生結弦 この記事に関連する写真を見る

【「なぜスケートが好きか」自問した先に】

 12月24日の全日本フィギュアスケート選手権男子ショートプログラム(SP)は、羽生結弦というスケーターのすごさをあらためて見せつけられる時間だった。演じたのは初披露となる『序奏とロンド・カプリチオーソ』。昨年のこの舞台で同じく初披露だったフリーの『天と地と』を自身の心の深い部分まで表現しきる完璧な演技にしたのと同じく完成度の高いプログラムになった。今年7月に「羽生結弦ならではのプログラムにします」と話していた言葉を、そのまま証明するものだった。

 昨季もピアノ曲を希望しながら、最適な曲が見つからずに断念していた羽生。今季へ向けて曲を探すなかで、自分が昔から滑りたいと思っていた『序奏とロンド・カプリチオーソ』を思い出した。「ピアノバージョンで滑ったら自分らしくなるのかな」と考えたと言う。

 昨年の夏、ひとりで練習するなかジャンプも思うように跳べなくなって気持ちが落ち込み、「なんでスケートが好きだったんだろう。もう辞めようか」とも思った。羽生はそうした気持ちを思いきり表現してみたいと考え、エキシビションプログラムの『春よ、来い』を滑った。

「(『春よ、来い』を演じた)その時の感覚があまりにも幸せで、『あっ、これが自分の好きだったスケートなんだ』と感じた」

 立ち直るきっかけになったそのプログラムの曲を弾いていた清塚信也氏のピアノならば、「もっと気持ちよく滑れるだろう、もっと気持ちを込めて滑れるのではないか」と思い、アレンジを依頼してオリジナルバージョンを作ってもらった。