2021.08.28

宇野昌磨「一番難しい構成になると思っています」。北京五輪シーズンへの楽しみを語る

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

8月26日、「フレンズオンアイス2021」リハーサルに臨んだ宇野昌磨8月26日、「フレンズオンアイス2021」リハーサルに臨んだ宇野昌磨 この記事に関連する写真を見る  8月26日、横浜。翌27日から29日まで開催される「フレンズオンアイス2021」の公演リハーサルが終わったあとだった。リンクの上には、即席の会見場が設けられていた。氷が間近で、冷気が濃かった。刹那、記者たちが客席でせわしなくキーボードを打っていた音が止み、カメラの放列が同じ方へ向いた。

 宇野昌磨(23歳、トヨタ自動車)が氷の上をひょこひょことした足取りで歩いてきて、3つ用意された真ん中の席に座った。白いマスクが小さな顔を覆い隠す。しかし柔らかく人懐こい声は、朗らかな人柄と気力の充実を同時に感じさせた。

「シーズンに入る(前の)一番、最後のアイスショーで。これを機に切り替わる節目になるだけに、より競技に近い構成で滑りたいと思っています」

 宇野は右手にマイクを握って、意気込みを語った。来年2月の北京五輪を控え、限界突破に挑んでいた。

「僕はいつも、その時にできるジャンプを限界まで入れたいと思っていて。今年はいろんなジャンプが偶然、良い方に向いています。なので、4回転をいつもより多く想定して練習していますが、それは北京五輪シーズンだからというわけではなくて。それこそ『五輪シーズンだから(確実性の高い)まとめた演技を目指すべきでは?』と言われても、『自分の成長を』と(いう気持ちがあって)。先を見据えて、もっともっと成長するために今年も挑戦できたらと思っています」