2021.08.28

フィギュアスケート女子、熾烈な代表争いへ。「東京五輪を見て、やっぱり五輪に出たいな」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「フレンズオンアイス2021」のリハーサルに登場した坂本花織「フレンズオンアイス2021」のリハーサルに登場した坂本花織 この記事に関連する写真を見る 「(フリーの『ライオンキング』は)自分のスケート人生のすべてを伝えられるプログラムにしたい」

 8月26日、横浜。「フレンズオンアイス2021」のリハーサルを終えて、樋口新葉(20歳、明大・ノエビア)は五輪シーズンの抱負を語った。

「(2022年2月開催の北京五輪出場がかかる)全日本選手権まであと半年もなくて、そこですべてが決まる焦り、楽しみな気持ちも両方あって。今年はアイスショーもその時の目標を持って、しっかり調整し、練習も楽しくやってこられました。全日本まで集中して悔いのないシーズンにしたいと思っています。五輪に出て、夢をかなえたいので」

 樋口はあと一歩のところで、前回の2018年平昌五輪出場を逃している。その悔しさは本人にしかわからない。臥薪嘗胆で挑む戦いに覇気を漲らせていた。

 北京五輪に向け、女子シングルは百花繚乱の戦いになるだろう。出場枠は前回の2から今回は3。最後は12月の全日本選手権が決戦の場となるか。全日本連覇中の女王である紀平梨花(19歳、トヨタ自動車)、復活を遂げた三原舞依(22歳、シスメックス)、台頭著しい松生理乃(16歳、中京大中京高)、河辺愛菜(16歳、木下グループ)など熾烈な戦いが予想される。