2021.08.10

本田三姉妹がアイスショーにそろって登場。望結の生歌に合わせ真凜、紗来が舞った

  • スポルティーバ編集部●文 text by Sportiva
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

歌手として自身の新曲『Dilemma』で演技をした本田望結歌手として自身の新曲『Dilemma』で演技をした本田望結 この記事に関連する写真を見る  フィギュアスケートのアイスショー『プリンスアイスワールド 2021-2022 Brand New Story II 〜Moving On!〜 大分公演』が8月7、8の両日、大分・別府ビーコンプラザで開催された。大分公演の限定プログラムとして、ゲスト出演の本田真凜、望結、紗来の三姉妹と、人気ユーチューバーでピアニストのハラミちゃんとのコラボレーションが実現した。

 7日、フィギュアスケーターとともに女優、歌手としても活動する望結が、自ら作詞を手がけたデビュー曲『サクラクライ』を熱唱。ピアノ伴奏は、絶対音感や即興演奏を活かしたストリートピアノ動画で話題を集めるハラミちゃんが務めた。バラード調の曲に合わせ、真凜、紗来の2人が氷上を舞った。

 続いて、7日に配信リリースしたセカンドシングル曲『Dilemma(ジレンマ)』が流れる中、今度は望結自身がソロ演技を披露した。ゆっくりとしたバラードの『サクラクライ』とはうってかわって、アップテンポのダンスナンバーを演じた。