2021.04.24

羽生結弦がロックチューンにかける思い。世界に「明日への活力を」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AFLO

スターズ・オン・アイスで華麗な舞を見せた羽生結弦スターズ・オン・アイスで華麗な舞を見せた羽生結弦  4月22日に開幕した「スターズ・オン・アイス ジャパン・ツアー2021」横浜公演。羽生結弦はこのアイスショーについてこう話していた。

「今回は(コロナ禍で)日本人スケーターだけの出演ですけど、オープニングやフィナーレなど、すごく凝っている。(4月中旬の)世界国別対抗戦が終わってからの短い期間で非常に大変でしたが、みんなが一生懸命にスターズを作ろうと頑張ったのではないかと思います」

 初日のオープニングでは、『ブライディング・ライツ』に乗ってひとりで踊る、羽生の滑りから始まった。

 そして、第2部の大トリで出演した羽生が演じたのは、4シーズン前のショートプログラム(SP)曲『レッツ・ゴー・クレイジー』。初日の演技後には、こう語った。

「時差があって日本は日付が変わってしまっていますが、4月21日は(曲の歌手である)プリンスさんの命日でもあったので。プリンスさんの歌声とともに気持ちよく、そして、何よりも会場のみなさんも楽しみながら観てくださったと思うので、そういうことも含めて感謝しながら滑りました」