2021.04.27

浅田真央は現役時より力強くしなやかに。「スケートに愛を感じます」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

「浅田真央サンクスツアー」の千秋楽でリンクに立った浅田真央「浅田真央サンクスツアー」の千秋楽でリンクに立った浅田真央  2017年4月に現役を引退した浅田真央さんが、2018年5月に自らプロデュースして立ち上げた「浅田真央サンクスツアー」が、4月27日の公演でラストを迎えた。

 千秋楽公演の合い言葉は「みんなで最後まで全力でやり切ること」。その言葉どおり、これまで真央さんが滑ってきたプログラムをメドレーでつなぎ、代表的な『スマイル』『踊るリッツの夜』『蝶々夫人』など18のナンバーを次々とリンクで展開。舞台裏で繰り広げられた真央さんと9人のキャスト(メンバー)たちの練習風景や思いを映像で流すなど、盛りだくさんの内容だった。ショーが終わった後はしばらく拍手が鳴り止まず、スタンディングオベーションが起こった。

 26日の公演後、真央さんは爽やかな笑顔でリモート会見に臨んだ。

「千秋楽公演初日を終えたばかりなんですけど、すごく必死だったので、終わってすごく安心している感じがあります。201回目の公演もすべて出し切れたので、自分の今日の滑りも、お客さまの拍手や喜んでいる姿を見て、『あぁ、楽しんでもらえたのかな』と思ってほっとしています。3年前に初めてこの公演をやったときの気持ちと同じように、どの公演も全力で滑ってきたので、明日(27日)もその同じような気持ちで、みなさんに感謝の滑りを届けたいと思っています」

「生で真央ちゃんの滑りを見たことがない」という多くのファンのために立ち上げたアイスショーだった。各地にいるファンに安いチケット料金設定で楽しんでもらおうと、主に常設スケートリンクを利用して、北は北海道、南は沖縄まで、全国32都道府県、のべ50会場で公演を行なってきた。

 この3年に及んだ「浅田真央サンクスツアー」を真央さんはこう振り返っている。

「あっという間の濃厚な3年間で、ジェットコースターのように過ぎました。このサンクスツアーが始まった当初は、本当にいつ最後になるかはまったくわからない状態で、最初はたぶん10カ所の予定で2018年5月に(新潟から)始まり、その年に終わるところだったんですけども、いろいろなところから『来てください』という言葉をかけていただいて、気がつけば3年間もやっていたという状況です」