2020.10.13

永井優香、現役ラストシーズンの思い。「1度ぐらい母の好きな曲で」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 藤田孝夫●写真 photo by Fujita Takao

東京選手権で優勝した永井優香のショートプログラムの演技 10月9日から11日まで開催された東京選手権の女子は、2015年にグランプリ(GP)シリーズのスケートカナダで3位になった永井優香が優勝した。ショートプログラム(SP)を61.08点で首位に立った永井は、10日のフリーでも全体トップの110.11点をマークして、合計171.19点での完全優勝だった。

 SP後のリモート会見で、永井は今季限りで引退することを明らかにした。

「(SPを終えて)まずはほっとした気持ちでいっぱいです。滑り終わった後に、この演技はブロック大会の最後のショートだったんだなと思いました。引退を決めた理由は、自分の中でフィギュアスケートはもう精一杯やったかなと思えたからです。次の人生といったら大げさですけど、次のステップに踏み出していけたらいいなと思いました」

 大学(早大)4年生になって、今後進むべき道を考える中で、フィギュアスケートを続けていく選択はしなかった。来春からは一般企業で会社員になるという。

 現役最後のシーズンが、コロナ禍というイレギュラーなシーズンとなったが、今季の大きな目標は「いままでお世話になった方々に恩返しの演技をしたいです。そのためにいまできることと、目の前の課題を精一杯やっています」と、心構えと意気込みを語った。

 永井にとって恩返しをしなければいけない一番の相手は、幼い頃からいつも競技活動をサポートしてきてくれた母親に違いない。だからSPの選曲では、母親が好きな曲である『エリザベート』を初めて選んだという。

「母がこの曲がすごく好きだと言っていて、1回くらいは母が好きな曲で滑ろうかなと思って選曲しました。いままで自分のやりたいようにやってきたので、最後くらいは母の好きな曲で滑ろうかなと思いました」

 そんな思い入れのあるプログラムで滑ったSPではただひとり60点台をマークして首位発進し、「意外と出たなとびっくりしましたけど、まだまだできることはたくさんあるので、しっかりと仕上げていきたいです」と、リラックスした笑顔を見せた。