2020.09.14

羽生結弦の心に火をつけた「衝撃」。チャンとの戦いで手にした収穫とは

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

『羽生結弦は未来を創る〜絶対王者との対話』 
第Ⅱ部 高め合うライバルたちの存在(2) 

数々の快挙を達成し、男子フィギュア界を牽引する羽生結弦。その裏側には、常に挑戦を続ける桁外れの精神力と自らの理想を果敢に追い求める情熱がある。世界の好敵手との歴史に残る戦いやその進化の歩みを振り返り、王者が切り拓いていく未来を、長年密着取材を続けるベテランジャーナリストが探っていく。 

2013年、グランプリシリーズ・フランス大会の羽生結弦 羽生結弦にとって5回目の出場だった2012年全日本選手権。フリーでは髙橋大輔に4.81点及ばなかったものの、グランプリ(GP)シリーズで歴代世界最高の95点台を連発していたショートプログラム(SP)は、非公認ながらも97.68点を出し、合計を280点台にして初制覇を果たした。

 羽生が次なるステップとして目標にしたのは、11年以来世界選手権を3連覇し、「絶対王者」と称されたパトリック・チャンだった。ソチ五輪で優勝した羽生がその大きな要因として挙げたのが、GPシリーズでファイナルまでの3大会を、チャンと戦えたことだった。

 14年のソチ五輪の金メダル獲得後に、羽生が「表現力に関しては町田(樹)選手や?橋選手の方が上かもしれない。そう考えたら、自分の短所を克服するために追いかけなければいけない先輩やスケーターが絶対いる」と話していたように、彼にとって大会出場は、ライバルたちから学べる絶好の機会だと言える。

 2013−2014シーズン、GPシリーズ初戦のカナダ大会ではチャンに次ぐ2位だった羽生。表彰台に上がる結果を残せたが、SP、フリーともにミスが出てしまい、本人にとって不本意な内容だった。