2020.09.16

羽生結弦が進化させた競技レベルへ一歩ずつ。鍵山優真と佐藤駿の挑戦

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Dreams on ICE 2020

関連記事>>「羽生結弦を追う次世代エース。鍵山優真、佐藤駿が勢力図を変えていく」

 9月12、13の両日にコーセー新横浜スケートセンターで開催されたフィギュアスケートのアイスショー「ドリームオンアイス2020」。新型コロナ感染症の影響で無観客ながら、試合形式で2日間にわたってショートプログラム(SP)とフリーを滑るこのショーは、鍵山優真(17歳)と佐藤駿(16歳)にとって、新プログラム初披露の場となった。ふたりはシニア初シーズンへ向け、意欲的な構成での演技を見せた。 

9月13日、ドリームオンアイスのフリーを滑る鍵山優真 初日のSP。ふたりが挑んだのは、ともに4回転ジャンプを2本入れるプログラムだった。それをほぼノーミスで滑り切ったのは、最終滑走の鍵山だった。

 冒頭の4回転サルコウからの連続ジャンプは、予定していた4回転+3回転が4回転+2回転になったが、それに慌てることなく跳び終えると、昨シーズンからプログラムに入れている4回転トーループをきれいに決めた。コンビネーションスピンの後には、大きさがあるトリプルアクセルもきっちり成功。難しい動きのステップシークエンスもこなし、2種類のスピンで演技を終えた。

「まずは、ジャンプが全部決まって『ヨッシャー!』という気持ちです。4回転は練習からすごく調子がよかったので、そのまま跳べました。他の部分も最初から最後まで練習どおりに動けた。シニア初の表舞台が試合形式のショートで緊張しましたが、いい演技ができたので、すごく自信につながりました」

 こう話す鍵山にとって、この新しいプログラムは「何も怖がらずにどんどん挑戦し、経験をしていきたい」という気持ちを前面に表している。