2020.07.26

羽生結弦を追う次世代エース。鍵山優真、佐藤駿が勢力図を変えていく

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 高橋学●撮影 photo by Takahashi Manabu

「高橋大輔には優しさと強さがある」の記事はこちら

 7月21日、大阪・関空アイスアリーナで公開されたフィギュアスケートの全日本シニア強化合宿。次世代エースコンビの鍵山優真と佐藤駿にとって、初めてのシニア合宿参加で、「最初は緊張していた」と口をそろえる。コロナ禍の外出自粛期間中はたまに連絡を取り合い、「元気?」などと近況を報告し合っていたという。同日の練習では、互いにライバルとして意識し合うような雰囲気を見せていた。

7月21日、フィギュアの全日本シニア合宿で練習する鍵山優真鍵山と同じグループで練習する佐藤駿 鍵山は体を慣らした後に、昨季は跳んでいなかった3回転ルッツ+3回転ループを2度きれいに決めた。フリー後半に組み込めば得点源になる連続ジャンプだ。対して佐藤は、3回転フリップからの3連続ジャンプや、3回転フリップ+3回転トーループ、トリプルアクセルなどを中心に練習した。

 曲をかけた鍵山が、3回転フリップとトリプルアクセル+1オイラー+3回転サルコウをつなぐと、佐藤は対抗するように4回転トーループ+2回転トーループに挑戦し、2度目で成功。その後、4回転サルコウを立て続けに2本決めた。

 今度は鍵山が、キレのあるステップシークエンスを滑る。4回転サルコウ+2回転トーループ、3回転ルッツ+3回転ループ、コレオシークエンスをつないだ後、トリプルアクセルを跳ぶと、最後はコンビネーションスピンで締めた。

 佐藤も曲をかけ、最初の4回転トーループ+3回転トーループをしっかりと成功。ルッツやアクセルにミスはあったが、苦笑いを浮かべて間を取った後に、スピード感のあるステップシークエンスを滑り切り、最後はチェンジフットコンビネーションスピンと、ショートプログラム(SP)の曲を通した。