2020.07.20

髙橋大輔の転向を喜ぶアイスダンス
ジュニア王者の「推しプログラム」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • photo by AFLO

フィギュアスケートファンなら誰もがあるお気に入りのプログラム。ときにはそれが人生を変えることも――そんな素敵なプログラムを、「この人」が教えてくれた。

私が愛したプログラム(7) 連載一覧>>
西山真瑚
『イル・ポスティーノ』チャ・ジュンファン

 シングル種目でいま、僕が一番推したいプログラムは、カナダ・トロントの同じクリケットクラブで練習しているチャ・ジュンファン(以下、ジュン)選手(韓国)の2016―2017シーズンと、2018年平昌五輪でもやったフリー『イル・ポスティーノ』(振付/デイビッド・ウィルソン)です。みんなに見てもらいたいプログラムのひとつです。

 アイスダンス種目では、テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー組(カナダ)が平昌五輪で金メダルを獲得したフリーダンスの『ムーランルージュ』。カナダでのアイスショーで生テッサ&スコットを見て、会場を飲み込む迫力に衝撃を受けました。

 ジュンの『イル・ポスティーノ』になぜ惹かれたのかというと、彼の動きや呼吸が、曲調や音にすごく合っているからです。ジュン自身が合わせているのではなくて、自然にふたつがマッチしている感じを受けました。羽生結弦選手の『SEIMEI』みたいな感じです。それを当時14歳の年齢であれほどのレベルの演技ができている、滑り込めていることがすごいと思ったのです。

平昌五輪フリーで『イル・ポスティーノ』を演じるチャ・ジュンファン 振り付けの部分では、平昌五輪で滑ったコレオシークエンスのスケーティングは見応えがありました。実は、クリケットクラブで五輪に向けた練習に取り組んでいた現場で、たまたまコレオの振り付けをしているところを見ることができたのです。その時から「これはすごいことになるぞ」と思っていたのですけども、平昌では期待どおりの演技になっていました。

 ジュンはこのプログラムで大躍進したのですが、練習の時から気合いがこもり「このプログラムで上に行くぞ」という思いが同じリンクで練習していた自分には伝わってきました。

 ジュンとはいつも一緒に滑っています。僕がクリケットクラブに移籍して初めて練習に行ったときに、一緒に滑ったのが同じ年のジュンだったのです。クリケットクラブは上手な選手がたくさんいますが、そんな選手たちと比べても見劣りしない滑りを見せていて、自分のスケートをアピールできる技術や度胸もあり、自分の憧れのスケーターのひとりです。