2020.03.21

髙橋大輔には、
優しさを極めて身につけた「強さ」がある

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

Never give up! 
日本フィギュアスケート2019-2020総集編(7)

 カナダのモントリオールで開催予定だった世界フィギュアスケート選手権が、新型コロナウイルスの影響で中止になり、2019-2020シーズンが終了。今季も氷上で熱戦を繰り広げた日本人スケーターたちの活躍を振り返る。

 今季、全日本選手権を最後にシングルスケーターとして2度目の区切りを迎えた髙橋大輔。次なるステージに向かう決意とは――。

シングルスケーターとしては最後の全日本選手権になった髙橋大輔「あと10年若かったら……」

 2019年12月の全日本選手権後、髙橋大輔(34歳)はそう言って無念さを絞り出した。ショートプログラム(SP)は14位、フリースケーティングは10位。総合で12位に低迷した。

 戦う前から、分の悪い勝負だった。肩を痛め、足首を挫き、年齢的に回復力の早さは望めない。スケート靴の調整も、ピアノ、グラフ、アイスフライと手間取り、時間がかかった。新プログラムをぶっつけ本番で、公式戦は約1年ぶりの出場。本格的な練習に挑めるようになったのが、大会1、2週間前のことだ。

 にもかかわらず、髙橋はSPもフリーも一縷(いちる)の望みに賭け、勝負を捨てずに挑んでいた。それが彼の生き方だった。2018年には、4年ぶりの現役復帰で宇野昌磨に続く2位という快挙を遂げていた。

「試合って、出るからには少しでも上の順位を争うじゃないですか。僕自身、無理だな、と思います。でも昔からそうですけど、高いところを目指していないと、そこには絶対にたどり着けない」