2020.07.27

樋口新葉と坂本花織も大技に挑戦。ロシア勢に対抗できるか?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 高橋学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 7月21日、大阪・関空アイスアリーナで公開されたフィギュアスケートの全日本シニア強化合宿。女子では、樋口新葉(わかば)の動きのよさが目立ち、坂本花織は挑戦的な練習に取り組んでいた。
全日本シニア合宿で練習する樋口新葉。トリプルアクセルに注力した坂本花織は4回転トーループに果敢に挑んだ 樋口は昨季、全日本選手権で3年ぶりの2位と復調。代表に選ばれていた3月の世界選手権は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中止となり、オンラインでの取材に応えた樋口は当時のモチベーションを振り返った。

「(世界選手権が)中止になってからしばらくは『何の練習をしたらいいのかな……』という感じでした。外出自粛期間も初めのうちは不安でした」

 コロナ禍で氷上練習ができなかった約2カ月を経て、6月2日からリスタートした。ただ、スケートリンクの一般滑走はまだ人数制限をされているため、氷上練習は例年に比べて1日1〜2時間減少。その分は陸上トレーニングで補っているという。

 それでもこの日の練習は、引き締まった体でキレのある動き。ステップシークエンスなどの滑りもシャープで、昨季よりも余裕を感じさせた。