2019.11.23

山本草太と島田高志郎、
GPシリーズの厳しさにぶち当たる

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 11月21日、札幌市内のホテル。グランプリ(GP)シリーズNHK杯開幕前夜、出場する日本人選手たちが壇上で記者たちの質問に答えていた。羽生結弦(24歳)、島田高志郎(18歳)、山本草太(19歳)の男子選手が横に並んだ。

NHK杯のショートプログラムで7位の山本草太――山本選手への質問で。羽生選手に昔から憧れていたそうですが、同じ舞台で戦うことについては?

 その後も、記者は続け、「羽生選手のどこに憧れ、何を学び、それについて羽生選手はどんな声をかけてあげるのか」など質問が少し長くなった。

 そこで羽生が「今は憧れていない?」というようなことを冗談で言い、その場に笑いの渦が生まれたあとだった。山本は何を聞かれたのかわからなくなって、「なんでしたっけ?」と答えに詰まる。緊張していたのかもしれない。それを横にいた島田が、小声で楽しそうに説明した。すでに海外を拠点に活動している島田は、そういう場所で話すことにも慣れているのかもしれない。

「そうですね、言い出したらきりがないですが……」

 山本は訥々と語った。真面目な性格なのだろう。

「試合で、あの構成を完璧にこなすのは難しいと思うし、どの試合でもそれをやって。(羽生は)すごい努力をしているんだと思います。自分は戦える立場ではない」

 島田はその話をニコニコとしながらも、頷くように聞いていた。

 そして羽生が、まだシニア経験の浅いふたりに諭すように語った。

「(シニアデビューの時は)控室で足が震えていました。4回転を初めて降りた思い出があったり、でも、(当時は)体力はなくて。シニアの試合だから感じることがたくさんありました」

 ふたりは、神妙に聞いていた。 彼らにとって、羽生という「巨大な星」は、目印になるのだろう。たとえ、それがあまりに眩しい光を放つ星だとしても。

 NHK杯、山本も島田も、ショートプログラム(SP)では納得のいく演技にはなっていない。首位に立った羽生には30点以上、水をあけられた。しかし、それぞれが自分の競技に向き合っているようだった。