2017.11.13

宮原知子「あとはよくなることばかり」。
五輪代表を目指す8時間睡眠

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

11カ月ぶりの試合出場となったNHK杯で日本人最高の5位となった宮原知子 宮原知子にとって、昨年12月の全日本選手権以来、320日ぶりの復帰戦となった今季のグランプリシリーズ(GP)第4戦NHK杯。3連覇を飾った全日本後に左股関節の疲労骨折が判明し、昨季後半戦に出場予定だった四大陸選手権、世界選手権も欠場を余儀なくされた。練習の虫だった19歳は、氷上練習ができない期間も我慢強く治療とリハビリに取り組んで、何とか自身にとっての五輪シーズンのGP初戦に間に合わせてきた。

「特に自分の名前がコールされたときに、いままで以上に声援が大きく聞こえて、やっと自分もこの大きな舞台と仲間たちのもとに戻ってこられた気持ちが大きかったです。自分が想像していたより気持ちよく滑ることができたし、演技は納得していないけど、悪い滑りではなかったと思います。やっとここ(試合に出るところ)までくることができたので、元気で滑っている姿を見せたいと思って演技しました。

 復帰戦までを振り返ると、早かったかなと思います。悔しい気持ちはありますが、ひとまずここまで演技ができたので、全日本選手権まで、これからだなと思います」

 ショートプロラム(SP)の『SAYURI』では、冒頭に3回転ルッツ+3回転トーループの連続ジャンプを予定していたが、ルッツが回転不足となり、2本目は2回転となった。それ以外のエレメンツは、ステップでレベル3になる取りこぼしがあったものの、しっかりとまとめてみせ、65.05点をマークしての6位発進。本人も濱田美栄コーチも納得の結果となった。