2017.11.14

絶対女王メドベデワに小さな「異変」。
五輪について頑なに口を閉ざす

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯、女子はショートプログラム(SP)、フリーでともに1位となったエフゲニア・メドベデワ(ロシア)が大会初優勝を果たし、GP通算7勝目(ファイナルを含む)を挙げた。

NHK杯でもSP、フリーともに他を圧倒する演技で優勝したエフゲニア・メドベデワ フリー冒頭の連続ジャンプの1本目で珍しく転倒する失敗をしたが、無表情を装って動じなかった。その後の世界女王はさすがの強さを発揮。プログラム後半でしっかりとリカバリーしてみせ、ミスジャンプを2つにとどめたことで、得点はフリー1位の144.40点を出し、合計224.39点となって他を圧倒した。

 また、SP2位でソチ五輪銅メダルのカロリーナ・コストナー(イタリア)はフリーでは3位だったが、合計212.24点で総合2位となった。この結果、メドベデワは3季連続で、コストナーは6年ぶり5度目となるGPファイナル進出を決めた。総合3位にはシニア初参戦となったロシアの新鋭ポリーナ・ツルスカヤが入った。

 GP第1戦のロシア杯に続き、NHK杯でも若き世界女王・メドベデワがジャンプで転倒した。ロシア杯ではSPで2回転アクセルを転倒、NHK杯ではフリー冒頭の3回転フリップで派手に転んで連続ジャンプにできず、続く3回転ルッツではステップアウトするなど、失敗を重ねる珍しい場面が見られた。