2016.12.08

羽生結弦、GPファイナル4連覇へ。
立ちはだかるライバルは誰か?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 昨年のグランプリ(GP)ファイナルで大会3連覇を果たした羽生結弦が今年も優勝を目指す。昨シーズンのこの大会はNHK杯で出した史上初の300点超えとなる合計322・40点をさらに上回る330・43点を獲得。4連覇を狙う今回も、その準備を着々と進めている。

GPファイナル4連覇を目指す羽生結弦と、世界選手権連覇中のハビエル・フェルナンデス(写真左) 昨シーズンの世界選手権終了後、痛めていた左足甲の治療のために1カ月半の完全静養を含めたブランクがありながらも、ショートプログラム(SP)、フリーともに冒頭に4回転ループを入れ、フリーではサルコウ2回を含めて4回の4回転ジャンプを組み込む昨季より難度を上げた技術構成にした今シーズン。序盤のオータムクラシックとスケートカナダでは、気負いもあって苦しんでいた。

 しかし、11月25日からのNHK杯は、SPではミスを4回転ループのステップアウトだけにとどめ、そのほかの要素はほぼ完璧に決めて103・89点を獲得する。そして翌日のフリーも、後半に入ってからの4回転サルコウで転倒して連続ジャンプに失敗しながらも、他の要素は確実に決めて197・58点を獲得。合計では昨年のGPファイナル以来の300点超えとなる、301・47点を獲得して圧勝してみせた。

「今シーズンの新しいふたつのプログラムで300点を超えたというより、やっとプログラム自体を楽しむ余裕が出てきて、お客さんともちょっとずつコネクトできるようになってきた」