2022.05.23

ヒロ斎藤が引き出した「赤鬼」渕正信。ケンコバが重ね合わせた、上京後の千原ジュニアに抱いた悔しさ

  • 松岡健治●文 text by Matsuoka Kenji
  • 山内猛●撮影 photo by Yamauchi Takeshi

ケンドーコバヤシ
令和に語り継ぎたいプロレス名勝負(3)後編


(前編:渕が斎藤にまさかのイス攻撃。その姿に学んだ「ベルトより大事なもの」>>)

 ケンドーコバヤシさんが語り継ぎたいプロレスの名勝負として挙げた1986年8月16日のヒロ斎藤vs渕正信。後編は、この一戦がフラッシュバックした千原ジュニアさんの"まさか"のひと言、激闘から感じた「譲れない悔しさ」について語った。

1986年8月16日、イスで斎藤(左)を攻撃してレフェリーに止められる渕1986年8月16日、イスで斎藤(左)を攻撃してレフェリーに止められる渕 この記事に関連する写真を見る ***

――1986年8月16日、因縁のヒロ斎藤さんに挑戦した渕正信さんから「やられた側は悔しさを忘れない」ということを学んだという話を伺いましたが、ケンコバさん自身、同じように「やられた悔しさ」が忘れられない経験をしたことはありますか?

「ちょっとプロレスから離れますが、そこから話しましょうか。相手は千原ジュニアさんです。ジュニアさんは、今はそんなイメージはないでしょうけど、昔はすごく内弁慶というか、すぐに周囲の人との壁を作ってしまう"人見知りの究極系"みたいな方でした。

 俺は大阪でデビューした時から、ジュニアさんと一緒に舞台などにも出演させてもらっていました。ジュニアさんはデビュー3年目の先輩で、人見知りのはずなのに、俺にはいつも『ご飯、連れて行ったるわ』と声をかけていただいて。10年ぐらいは毎日一緒にいたと思いますよ」

――すごくいいお話だと思うのですが......。

「事が起きたのはそのあとです。千原兄弟さんが東京に進出したあと、俺はまだ大阪にいたので5年くらい会えない期間があって。それで約5年ぶりの再会の時、俺が『ジュニアさん、お久しぶりです』ってあいさつに行ったら......大阪時代はずっと『コバ』と呼んでくれていたのに、『おう、元気だったか?"自分"』って、ちょっと距離のある呼び方をされたんですよ。その瞬間、『たった5年会っていないだけで、あの一緒に過ごした時間の輝きを消すんですか!』と寂しくなったというか、悔しかったですね」