2022.04.30

前田日明VS藤波辰巳の大流血の一戦。ケンコバは「受けの美学」をこの試合で理解した

  • 松岡健治●文 text by Matsuoka Kenji
  • 山内猛●撮影 photo by Yamauchi Takeshi

ケンドーコバヤシ
令和に語り継ぎたいプロレス名勝負(2)前編

(連載1:新日本の「虎ハンター」が「一般の空手家」に敗れた異種格闘技戦>>)

 子供の頃からあらゆる団体の試合を見続け、各メディアで"プロレス愛"を披露してきたケンドーコバヤシさんが、独自の目線で名勝負を語り尽くす連載。第1回の小林邦昭vs齋藤彰俊に続いて、第2回は"格闘王"と"ドラゴン"による激闘を熱く語った。

前田(右)の大車輪キックが藤波の顔面に命中前田(右)の大車輪キックが藤波の顔面に命中 この記事に関連する写真を見る ***

――前回の小林vs齋藤に続く忘れられない試合は?

「俺が上京した時とリンクしてしまった懐かしの試合で......。超有名な試合なんですけど、1986年6月12日に大阪城ホールで行なわれた藤波辰巳(現・辰爾)vs前田日明です」

――前田さんの大車輪キックが、藤波さんの顔面に命中して大流血したシーンが伝説となっている試合ですね。

「あのキックが当たった瞬間、藤波さんが一度、傷口を手で抑えたんですよね。それで手を放した瞬間に血がピューッと出てきて。キックが当たって、遅れて傷口から血が噴き出す。テレビで見ていて、『こんな映画みたいなシーンがあるんや』って感動しましたよ。すごい名シーンでした」

――試合は、前田さんの蹴りを藤波さんが受けまくる凄まじい展開で、最後は前田さんのニールキックと藤波さんのジャンピングキックの相打ちで両者KOとなりました。

「試合自体は、この年の東スポのプロレス大賞でベストバウトに選ばれるぐらいすばらしい試合でした。両者KOというラストだけは、『前田はダメージないやろ』っていう感覚があったんですけど、それも前田さんの試合後のコメントを聞いたことで納得できました」

――それはどんなコメントですか?

「『無人島だと思ったら仲間がいた』です」

――1986年は、前年に活動停止になったUWFが新日本にUターン参戦しましたが、格闘技スタイルを貫く前田さんと新日本のレスラーとの間には溝がありましたね。

「そういう状況で、前田日明という人間が"悩める青年"であることがファンにも伝わってきていました。『新日本に自分を受け止めてくれる人はいない』と。悩み続けた日々を過ごしていただろう前田さんを"受けた"のが藤波さん。強烈な蹴りから逃げずにすべて受け止めてくれた。その感動が、『仲間がいた』という言葉を生んだんだと思います。

 この言葉が強く印象に残っているのは、のちに僕自身が、当時の前田さんとリンクするような出来事を経験したからなんです」