2022.04.27

女子プロボクサー鈴木なな子は日本から世界へ。「2、3年以内に東洋チャンピオンになりたい」

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 田中亘●撮影photo by Tanaka Wataru

女子格闘家ファイル(3)

鈴木なな子インタビュー 後編

(前編:「美女ボクサー」という紹介に「色モノにはなりたくない」>>)

 昨年12月、立教大学4年時に女子日本ミニマム級の王者となった鈴木なな子。幼少期から空手を始め、ボクシングに転向し、プロデビューから約4年半でベルトを手にした。

 しかし、目指すのはさらにその先。世界に対する意識、女子ボクシング界全体のことについても思いを語った。

現ミニマム級日本王者の鈴木なな子現ミニマム級日本王者の鈴木なな子 この記事に関連する写真を見る ***

――立教大学での4年間は、練習の毎日だったんですか?

「そうでしたが、ボクシングを第一に考えていましたからね。大学も(埼玉県の)新座キャンパスなので三迫ジムからも近く、移動もしやすかったですから苦ではなかったです」

――大学ではコミュニティ福祉学部で学んだそうですね。

「スポーツ系の学科だったので、生理学やトレーナー演習みたいなこともやりましたし、ボクシングに活かせる減量のこと、栄養学なども学ぶことができました。テーピングもやったので、ケガをした時に自分でできますね(笑)」

――試合に向けて、減量はどれぐらいするんですか?

「5、6キロです。女子選手としては、ちょっと減量の幅が大きいかもしれませんが、そんなに無理はしていないですしキツいとも感じていません」

――大学時代、鈴木選手がプロボクサーだと知らない人も多かったのでは?

「友達が試合を見に来てくれたことはありましたが、友達以外の人はほぼ知らなかったでしょうね。あまり自分から、ボクシングをやっていることを言うこともないですし」

――ボクシングを始めたのは高校2年の時とのことですが、バックボーンはフルコンタクトの空手(新極真)ですね。

「4歳から高校2年までやっていました。始めたきっかけは覚えてないんですけど、近くに道場があって『やりたい』と自分で言い出したらしくて。それが3歳の時だったのかな。道場に入ることができる4歳になるのを待って始めました」